より効果を得るために|密かにボトックス効果を得る方法【筋肉の収縮を抑える施術】

密かにボトックス効果を得る方法【筋肉の収縮を抑える施術】

サイトメニュー

より効果を得るために

顔に触れる女性

悩み解決の近道は

美容目的でボトックスを検討中の場合、後で困らないために事前に知っておくと良い情報が二つあります。一つは病院選びにおいて、できるだけボトックスの経験が豊富な病院を選ぶことです。ボトックス効果は持続性や効果の出方に個人差があり、施術方法も複数あるため、その人に合った方法を医師と相談します。ですので、できるだけ柔軟で適切な施術を受けられるだけの医師の経験値があれば施術の継続回数を最低限にできますし、副作用や施術時の痛みなどを軽減することができるのです。二つ目はヒアルロン酸注射との使い分けです。ボトックス効果は、目元や眉間のしわを除去したり、小顔になるためにエラをなくしたりするといった面で効果を発揮します。しかしほうれい線などの鼻や口元のしわをとりたい場合は、ヒアルロン酸注射の方が効果が現れやすいのです。医師との事前カウンセリングでどの部位に悩みがあるのかを具体的に伝えたり、自分自身で病院の施術プランを情報収集したりするなどの事前準備をしておくとよいでしょう。ボトックスを申し込む際、ほとんどの病院は予約制となっていますので、来院予約の申し込みをします。電話で申し込んで、あらかじめ不安点を尋ねておくと当日よりスムーズに施術へ進めます。当日はまず施術のプランを医師とカウンセリングを行い決定していきます。ボトックス効果は個人差があるため、医師がより効果を望める方法を提示してくれます。また方法次第ではわずかながら副作用などもあるため、その説明も行われます。もちろん施術を受ける側も、注射の針の痛みが怖いといった不安点を伝えれば希望にできるかぎり応えてくれますので、あらかじめ希望を書いたメモなどを作成していくのも手でしょう。不安であればカウンセリングだけして一旦考える時間をくれる病院もありますので、施術を急ぐ必要はありません。不安点が改善されたらあとは決定したプランに沿って施術を行います。基本的には入院などはなく、当日中に帰宅できますし入浴もできます。ボトックス効果が実感できるようになるのはエラの場合三〜四週間、しわ除去の場合は三〜七日程度が目安です。大きな準備やダウンタイムもなく当日で完結するため、ボトックスはお手軽な美容整形と言えます。